スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ダービーを考える

今週は日本ダービーですね。ワクワクでいつも以上に当てたい。頑張っていきます。


芝で3勝以上が条件。

まず、芝のレースにおける通算勝利数別成績に注目してほしい。優勝馬10頭はすべて「3勝以上」を挙げていた馬で、2着馬も9頭が同グループから送り出されていた。しかも、好走率は勝利数が増えるに従って上昇しており、「5勝」馬にいたっては、3着内率80.0%という高い値を叩き出している。今年も芝コースでの通算勝利数に注目したいところだ。



芝レースの通算勝利数別成績(過去10年)


通算勝利数

成績

勝率 

連対率

3着内率



5勝

3-0-1-1

60.0%

60.0%

80.0%



4勝

4-1-0-9

28.6%

35.7%

35.7%



3勝

3-8-2-54

4.5%

16.4%

19.4%



2勝

0-1-6-58

0%

1.5%

10.8%



1勝

0-0-1-20

0%

0%

4.8%



0勝

0-0-0-7

0%

0%

0%


芝3勝以上の馬は・・・

ゼロス
ゴールドシップ
コスモオオゾラ
ワールドエース
フェノーメノ
トーセンホマレボシ
ブライトライン
グランデッツァ
アルフレード



近3走以内の重賞勝ち実績が重要。


近3走以内に出走した芝の重賞レースでの最高着順別成績を調べると、興味深いデータが得られた。連対馬20頭は、すべて「1着」グループから送り出されていた。また、3着には「2着」組から4頭が出ているが、「3着以下」や「芝の重賞不出走」組は3着以内ゼロという結果に終わっている。近3走以内における芝の重賞レースでの着順は、今年も見逃せないポイントになるだろう。



近3走以内に出走した芝の重賞レースでの最高着順別成績(過去10年)


最高着順

成績

勝率 

連対率

3着内率



1着

10-10-6-60

11.6%

23.3%

30.2%



2着

0-0-4-37

0%

0%

9.8%



3着以下

0-0-0-39

0%

0%

0%



芝の重賞不出走

0-0-0-13

0%

0%

0%


該当馬は・・・

ヒストリカル
ジャスタウェイ
ゴールドシップ
コスモオオゾラ
ワールドエース
フェノーメノ
トーセンホマレボシ
ブライトライン
グランデッツァ
アルフレード



勝率で考えるなら前走G1組。


前走のレース別成績を見ると、過去10年の優勝馬はすべて、前走で「皐月賞」・「NHKマイルC」・「桜花賞」のGI レースに出走していたことがわかる。3着内率でも、このGI 3レースは上位となっており、前走がGI 以外のトライアルレースなどのグループを、一歩リードしている。今年もこの傾向が続くのか、注目してみたい。



前走のレース別成績(過去10年)


前走のレース

成績

勝率 

連対率

3着内率



桜花賞

1-0-0-0

100%

100%

100%



皐月賞

6-3-6-61

7.9%

11.8%

19.7%



NHKマイルC

3-1-1-19

12.5%

16.7%

20.8%



青葉賞

0-4-1-24

0%

13.8%

17.2%



京都新聞杯

0-2-0-19

0%

9.5%

9.5%



プリンシパルS

0-0-2-19

0%

0%

9.5%



その他のレース

0-0-0-7

0%

0%

0%


該当馬は・・・

ゼロス
ジャスタウェイ
ゴールドシップ
コスモオオゾラ
ワールドエース
ディープブリランテ
トリップ
クラレント
ブライトライン
モンストール
グランデッツァ
アルフレード




今回のデータ推奨馬は・・・こいつら。

ゴールドシップ
コスモオオゾラ
ワールドエース
ブライトライン
グランデッツァ
アルフレード


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。